( Mint Condition )
放 送 時 間 木曜日 -
おいしいもの、楽しいものが何でも揃う、市場(マルシェ)のように、
毎日の暮らしを豊かにしてくれる、アイテムやグルメ、そして地元を盛り上げる取り組みを紹介していきます。

放 送 日

2019.12.12

◆きょうは、南魚沼市にある 「南魚沼 鈴木農場」で 手作りされている、
からし菜の種を使ったマスタード 「和からしマスタード」と、
乳酸菌「ウオヌマ株」入りの かぐら南蛮ペースト 「南蛮じぉっから」をご紹介します。

※ 「南魚沼鈴木農場」代表の 鈴木雄一郎さんにお話しを伺いました。




★「和からしマスタード」
南魚沼で古くから親しまれている「からし菜」を、“雪解け水”で栽培して、
「からし菜の種」を集めて、 その「種」をお酢に漬けて作った マスタード。

※去年の9月に試験販売を行い、今年の9月から本格的に販売が始まった商品です。
「和からしマスタード」は、一般的なマスタードと違って 辛味と香りが強いのが特徴です。
(辛いものが好きという方や、今までのマスタードじゃ物足りないという人におすすめ)

値段:※ガラスの瓶入り。 45g入り(小サイズ) 希望小売価格:だいたい450円。
100g入り(大サイズ) 希望小売価格:だいたい750円

★ 鈴木さんに、「和からしマスタード」の おすすめの食べ方も伺いました。
※「和からしマスタード」は、肉・魚・野菜…何でもよくあいます。

*野菜料理
マヨネーズやドレッシングにあわせれば、どんなサラダにもよくあいます。
特に「ジャガイモ」とは、非常に相性がいいので「ポテトサラダ」に加えると、
いつもの「ポテサラ」がワンランクアップします。

*肉や魚料理
肉や魚を焼く前に、塩と胡椒、そして「和からしマスタード」を塗って焼くとおいしくいただけます。
焼く前に少し漬け置きしておくと味がなじんで更においしく仕上がります。

肉料理(例):「鶏肉のハニーマスタード焼き」
①マヨネーズにハチミツと「和からしマスタード」を加えて「鶏肉」を少し漬け置きします。
②フライパンに油をひいて、鶏肉を焼いたら出来上がり。

*そのまま食べても美味しくいただけます。
「和からしマスタード」は、空気に触れると 香りと辛味と酸味が一気に広がります。
少し混ぜてから、そのまま食べてみてください。
また、お酒のおつまみとして、クラッカーに付けて食べるのもお勧めです
(口の中がさっぱりします)




★「南蛮じぉっから」
乳酸菌「ウオヌマ株」を使った、
魚沼地域で昔から栽培されている唐辛子:「神楽南蛮」のペースト。
ガラスの瓶入り。100g ≪希望価格:600円≫

●乳酸菌「ウオヌマ株」とは?
魚沼地域で作られた「野沢菜」からみつかった乳酸菌の菌株。
特許は、この菌株を発見した新潟県が取得しています。

通常、乳酸菌は人間の体温と同じくらいの温度で繁殖して、
乳酸という「酸」を作りだすことで、食材の酸味を強くするという性質を持っています。
しかし、この「ウオヌマ株」は通常の乳酸菌とは違って、
5℃という冷たい温度でもゆっくりと繁殖を続ける特徴を持っています。
「ウオヌマ株」は、ゆっくりと酸を出すので、pHは下がっても
食味が酸っぱくなりすぎないのが特徴です。

また、ウオヌマ株を食品素材に添加して5℃で保存すると雑菌の増殖を抑制してくれます。
他にも、雪室という特殊な環境下で育ったことで含まれる栄養成分などもあって、
注目されている乳酸菌が、この「ウオヌマ株」です!

●南魚沼鈴木農場の 「南蛮じぉっから」
去年から販売スタートされた商品。(※今のところ、あまり流通されていません)
商品に使われている「神楽南蛮」も鈴木農場の畑で作られています。

●おいしい食べ方
そのまま「ごはん」にのせて ご飯のお供に。 鍋や炒め物、豆腐料理の調味料として使ったり、
ケチャップやマヨネーズにまぜて、フライドポテトにディップしても美味しくいただけます。




【 南魚沼鈴木農場の 和からしマスタード 】
●新潟県内の取扱店:「ぽんしゅ館」 新潟駅店、長岡駅店、越後湯沢店
南魚沼市浦佐 JAみなみ魚沼農畜産物直売所「あぐりぱーく八色」
南魚沼市 道の駅 南魚沼「雪あかり」
上越市 スーパーマーケット「いちこ」 全店…など。
※「南魚沼鈴木農場」のHPからネット通販もできます。

≪値段≫45g入り(小サイズ) 希望小売価格:だいたい450円。
100g入り(大サイズ) 希望小売価格:だいたい750円。

【 南魚沼鈴木農場の 南蛮じぉっから 】
●新潟県内の取扱店:「ぽんしゅ館」 新潟駅店、長岡駅店、越後湯沢店…など。
※ネット通販はしていません。
≪値段≫ 100g 希望小売価格 600円。