2018.08.15

<涙そうそう>


毎年、この日が近づくと必ず読む作品が

『二十四の瞳』です。

素晴らしい名作です。