2017.10.18

Hi, how’s it going?

まだジャンパーを一度も着ていない、新井翔です。
よく周りと(いろんな意味で)温度差があるね、と言われます。

10月16日は「辞書の日」だったって皆さんは知っていましたか。
アメリカの学問の父とも呼ばれる、Noah Webster(ノア・ウェブスター)の誕生日が由来だそうです。
ウェブスターは、辞書編さん者として非常に有名な人。
ウェブスターは1828年に「アメリカ英語辞典初版」を出版しますが、このシリーズがアメリカ英語の今の形を作ったと言われています。

「英語ってどの国でも一緒じゃないの?」と思われるかもしれません。
しかし実は、国や地域によって発音やつづりが大きく異なります。

イギリス英語:centre / colour / gaol
アメリカ英語:center / color / jail

ウェブスターは、辞書の編さんを通じて、アメリカ式のつづりを提唱し、定着させました。
文字の面でも、イギリスから独立したかったというウェブスターの気持ちが伝わってきますね。

電子辞書を使う日が来るなんて、ウェブスターは夢にも思わなったことでしょう。
最近、ぼくの電子辞書の画面には「電池交換してください」と常に表示されています。