2018.08.21

皆さま、夏休みは満喫されましたでしょうか。
 

 いよいよベルリン・フィルの新シーズン開幕が825に迫ってまいりました。 

クラシックホワイエではなんどかご紹介しておりますが、ベルリン・フィルはデジタル・コンサートホールというサービスで、定期演奏会をインターネットで有料配信しています。


映像も音声もクォリティが高くて、生中継ででコンサートを体験することもできますし、オンデマンドで過去のコンサートを見ることもできます。

 

ですから、この開幕日、825日の日本時間で午前2という深夜ではあるのですが、キリル・ペトレンコ指揮のシーズン・オープニング・コンサートを日本に居ながらにして見ることができるわけです。


これは楽しみですよね。


曲はリヒャルト・シュトラウスの交響詩「ドン・ファン」と「死と変容」、そしてベートーヴェンの交響曲第7番となっております。

 

なにしろレコーディングの少ないペトレンコですので、こうしてコンサートがネット配信されるというのは大変貴重です。
 

時差がキツいので生放送は難しいかもしれませんが、私もぜひこのコンサートをインターネットで聴いてみようと思っております。
 

これからのベルリン・フィルの行方を占うような、重要なコンサートになるかもしれません。