2016.07.23

7月23日の「ベターサウンドライフ」をお聴き下さいまして、どうも有り難うございました。
今回は、「オーディオ入門セット」というお話で、最新おすすめスタイルをご紹介しました。

おすすめの必須条件は、3つです。
1つめは、わりときちんとしたスピーカーが2本独立してあること。
2つめはCD、ラジオ、スマートフォン、ハイレゾ音源まで聴くことが出来ること。
3つめはコンパクト、比較的低価格、かなりの音質で聴くことが出来ること

少し前は「ミニコンポ」という範疇に入るのかもそれませんが、見た目はどういうものかといいますと、小型スピーカー2本と、コンパクトなCDレシーバーのセットというところでしょうか。

テレビの両脇にスピーカーをセットし、テレビの音声をレシーバーに繋げば、テレビも格段に良い音で楽しむことが出来ますので、一石二鳥どころか、少なくても一石三鳥はいけると思うわけです。
3万円台から各メーカーから出ていますので、入門編としてはもちろんですが、上のクラスの製品は昔オーディオにはまっていたものの仕事や、結婚、お子さんが出来て等でしばらく離れてしまった方々にも再起動のための絶好のスタイルではないかと思います。
なぜなら、最近のきちんと作られたコンパクトスピーカーは驚く程いい音を聴かせるからです。

車内空間、カーオーディオではご承知の通り、それらの聴き方に加えDVDも見られる、ワンセグ等テレビが見られる、そしてなんといってもナビ機能があるということで、カーオーディオの世界は正にマルチメディア対応の百貨店とでもいえる、非常に充実した環境が
整っていることが再確認されるわけです。
しかしながら、その音の出口スピーカーにおきましては、残念ながら純正のものはさすがにお金をかけることができないため、おまけ程度のものが多いのが実際のところです。
そこで、純正のものと車種別に簡単に「トレード」でき、遥かに高音質に出来る製品と技術が「ソニックプラスセンター新潟」にはあります。

現在、ソニックプラスセンター新潟では、完全にセットアップされた試聴車をご用意、実際にその極上の音質、そして正に目の前に広がる音の臨場感と実態感を体感することが出来ます。
是非、右下のはソニックプラスセンター新潟バナーをクリックしていただき、その内容をチェックしていただけましたらと思います。

今回は敬愛する「プリンス」の追悼をかねてお送りしましたが、次週は「ザバンド」をピックアップしてみたいと思います。
そして、オーディオブランドコーナーとして、次週より各月1〜2回程、国内、海外を問わず特集をご案内していきます。
その第一回目は「アルテックランシング」です。
どうぞお楽しみに!

次週はサッカー中継があり、午後9時10分からのお届けとなります。
土曜の夜、「いい音」と「いい音楽」をご一緒に楽しみましょう。

ashでした。

<オンエアー曲>
パープルレイン/プリンス パープルレインより 1984年
Do Me, Baby/プリンス Controversyより 1981年
ボルティモア/プリンス ヒット・アンド・ラン フェーズ・トゥより 2015年
Musicology/プリンス Musicologyより 2004年
1999/プリンス 1999より 1994年
トーク・トゥ・ミー/キャンディス・スプリングス ソウル・アイズ より 2016年
ロング・トレイン・ランニン/ドゥービー・ブラザーズ キャプテン・アンド・ミーより1973年
スーパースター/くるり NIIKIより 2005年