ヒトつなぐ、ココロつなぐ“はずのみ”
放 送 時 間 FRI. 16:00-16:15
ナビゲーター 立石勇生

佐渡市にある北雪酒造の羽豆社長と立石勇生が、ゲストと共に…北雪のお酒を酌み交わしながら様々なトークを繰り広げる、金曜夕方の15分間。
聞けば聞くほど…日本酒が飲みたくなる!?

毎週、北雪のお酒やグッズをプレゼント!
「羽豆さんなら応えるハズ」コーナーでは、疑問・質問・ネタふりに羽豆さんが一刀両断で答えてくれます。
紹介した方には即断即決でプレゼントを選びます!
hazu@fmport.com
 

放 送 日

2019.06.14

第522回 「酵母を研究するリケジョ」

前回からはシーズン57!
ゲストでお迎えしたのは、2019ミス日本酒新潟の 鈴木聖袈さんです。


お造りと、北雪の“涼み酒”を頂きながら…鈴木さんのプロフィールご紹介。
新潟市生まれの24歳で、大学院で「日本酒酵母」の研究をするリケジョです。昨年開催された「ミス日本酒・新潟県大会」で優勝されました。3月・京都での全国大会では受賞しませんでしたが、「新潟の日本酒を もっと世界に発信したい!と頑張って活動中。















話は「酵母の研究」に。もともと微生物が好きで、中でも発酵食品に興味を持っていたそう。そこに日本酒と出会いがあり、教授の誘いから「日本酒酵母」を学ぶことに。現在「花酵母」を研究中とか。実は、北雪の「ぼたんリキュール」も、元々、佐渡・長谷寺のご住職から声が掛かり、ぼたんの花酵母を抽出したものの、発酵が弱く、路線変更し生まれた…と羽豆さんが教えてくれました。お酒以外、味噌、醤油、ワイン、パン…発酵食品に欠かせないのが酵母。ただ、ワインやビールは単発酵、日本酒は「並行複発酵」。麹のおかげだそう。鈴木さんも日本酒の「並行複発酵」の奥深さが面白いと話します。さすがリケジョ。

★ミス日本酒・新潟 鈴木聖袈(せいか)さんについては…
「ミス日本酒」公式サイト(https://www.misssake.org/) の「2019 ファイナリスト」のページ(エントリーNo4の所をクリックすると)詳しく紹介されています。また、公式フェイスブックページへのリンクも貼られています。

★番組後半のコーナー★「羽豆さんなら応えるハズ」
南区の「モモコママ」さんから…最近“発泡”のお酒にハマってるそう。
「北雪には?」という質問に羽豆さん即答「あります」。「スパークリングSAKE」現在、NOBUレストラン限定。おススメは、純米酒“原酒”を炭酸で割る!
【プレゼント:スパークリングSAKE】

※あなたも羽豆さんに…疑問、質問、意見、感想…なんでもぶつけてみましょう!お酒や北雪グッズを“即断”でプレゼント!

毎週北雪のお酒やグッズをプレゼント

北雪の羽豆さんにお酒にまつわる疑問・質問などメッセージをお寄せください!羽豆さんが一刀両断で答えてくれます。
紹介した方には即断即決でプレゼントを差し上げます。
お酒のプレゼントもあるかも!!

発送を持ってかえさせていただきます。