きものと帯の笹長
騰川美和

放 送 日

2018.06.29

夏祭りシーズン! ゆかたでお出かけしたい・・・ということで、
着物店からお伝えしました。

『きものと帯の笹長(ささちょう)』さんは、創業120年を超える老舗。
白根から始まり本町5へ、現在の本町6に移ってからは80年ほどの歴史があるそうです。


お呼ばれ用の着物はもちろん、ガーゼの寝まきなど下着類、小物類など
幅広い商品を取り扱っています。
 
足袋を多数そろえているのが特徴で、体系や用途に合わせて
ぴったりなものを提案してくださるそうです。

店内の中でも、目を引くのが色とりどりのゆかた。
 
仕立て済みのものはもちろん、反物から選んで自分仕様に
仕立ててもらうこともできます。
帯とのセット販売もあるそうですが、似合うものはそれぞれ。
実際に合わせてみるのがおすすめです。
コーディネートのアドバイスもしっかりしてくださいますよ。

好みもありますが、定番で人気の色味は、女性用で白地や紺地のもの。

白地といっても様々、柄も落ち着いた色味から蛍光色のものまで・・・
幅広い年齢層に対応しています。
男性物も、ギンガムチェックのような なじみのある柄もありました。

夏の夜におすすめなのは、大胆な色味や柄のもの!
夜に映えるのでは、ということでした。

帯も進化しています。

「博多織」の涼しそうな生地の帯は、やわらかいので
しばりやすく ゆるみにくいのが特徴です。

お値段の相場は、ゆかたと帯、下駄も付けて1万円前後くらい、
ゆかただけみると3千円台~、高いもので3万円くらいのものもあります。
反物は2万円前後~3万円くらいが中心。
プラス仕立て代が1万5千円~1万8千円ほどです。
男性物では2000円台後半のものなど、気軽に購入できるものもありました。
ゆかたフェア開催中で、ゆかたを購入すると木製のうちわがプレゼントされます。

着付けが心配・・・という方には、着付けのサービスを利用してみてください。
ゆかたは、女性・税込1000円、男性・税込500円。
持ち込みもOK、電話にて事前予約が必要です。
今のところ、新潟まつり民謡流しの日はすでにうまっているそうですが、
それ以外はまだ余裕があるそうです。

着物を気軽に着てほしいと、着付け教室やランチ会なども開催されています。
8/25(土)には、「浴衣会」を開催予定。
ゆかたを着ての食事会です。

今年の夏はゆかたでお出かけ、いかがですか!?


【きものと帯の笹長】
住所: 新潟市中央区本町通6-1112
営業時間: 午前10時~午後5時30分
定休日: 第1・第2・第3 木曜
電話番号: 025-222-8214
HP: http://www.kk-sasachou.com/