2019.05.07

ポルタでは「にいがた緑の百年物語 県民運動」と、パートナーシップでお送りし、
にいがた緑の百年物語 の活動を紹介するとともに、運動に取り組む人たちも紹介しています。

にいがた緑の百年物語は、 21世紀の100年をかけて、県民が主体となって、木を植え、緑を守り育てて22世紀の県民に「緑の遺産」を引き継ぐための運動です。

4月3日に、「新潟青陵高等学校」の生徒さんが、県庁行政庁舎などで募金への協力を呼びかけました。
そこに私も、取材で、おじゃまさせていただきました。

その時の写真が、こちらです!

募金活動は毎年、春の新緑シーズンと、秋の紅葉シーズンに行われています。
春の募金活動は5月31日まで、家庭や街頭、職場、学校などで行われています。

ぜひ、皆さんのご協力、よろしくお願いいたします。